結ばず、留める。角帯ベルト「Loop】

結ぶという概念ではなく、留めるという機構に着目し、スタイリッシュな形に仕上げたアイテムがこの「Loop」です。
その名の通り、輪を意味し、胴周りに数回す巻つける従来の帯ではなく、あくまでも輪を作るかのようにフィットさせるところがこの名の由来なのです。
また、ベルト部に本革を使うことにより使い込むこむほど味わいが出て、更に金具との組み合わせは馬具をイメージしました。
ベルト部分は二段になっているため、上下で締り具合を調整でき、本来着付け師が施す帯の締め具合を容易に再現できるのです。
本来帯に必要とされた機能と格好良さを持ち合わせたアイテムこそが、この「Loop」なのです。

日本製